パソコンが用意できたら、次はインターネットに接続する環境を用意しましょう。

現在主流のインターネット接続方法は3種類です。

  • 有線接続
  • 無線接続

有線接続

回線業者とプロバイダ(インターネット接続業者)、2つの業者と契約して初めてインターネットに接続できるようになります。ちょっと面倒ですね。
回線業者は道路、プロバイダは車、とイメージするとわかりやすいですかね。

自宅にケーブルテレビサービスの範囲内であれば、ケーブルテレビのインターネットサービスを利用できます。最近のケーブルテレビも光回線化してきているので、光回線があるケーブルテレビなら速度も問題ないでしょう。
ケーブルテレビのインターネットサービスはプロバイダも兼ねているので分かりやすいのも利点ですね。
ただし、引っ越しなどする際は回線業者とプロバイダが別であれば、回線のみを別の業者に変更してプロバイダは同じものを使うという事ができますが、ケーブルテレビの場合はプロバイダも兼ねているので、両方契約しなおさなければなりません。

業者によって〇〇Mプランという表記があると思いますが、これは通信速度を表していて、基本的に数字が多い方が早いです。ものによっては〇Gと表記している場合がありますが、1G=1000Mと考えて下さい。

 

 

無線接続

携帯電話やスマートフォンの電波回線を利用した接続方法です。モバイルルーターと呼ばれるものです。家の外でもインターネットをしたい場合は無線接続がほぼ必須になります。

こちらは回線業者のみの契約で使用することができます。

有線接続できる環境に住んでいない(まぁ稀だとは思いますが…)、外でもインターネットを使いたいという人にオススメです。ですが有線と比べると速度は遅くなってしまいます。

こちらも業者によって〇Gプランという表記がありますが、こちらの表記は通信できるデータ量を表しています。こちらも数字が多い方がたくさんのデータをやりとりできます。
この表記されたデータ量を越えてしまうと、インターネットが使えなくなるワケではないですが、通信速度がかなり落ちてしまいます。そうなるとメールくらいなら使えますが、動画などはまず見られないと思って下さい。

スマホの通信と同じようなものだと思ってもらえれば。というか、同じです。

 

有線接続なら最低でも100M以上で契約しましょう。

普通の回線業者と契約する場合はこんな遅いプランはないと思いますが、ケーブルテレビではいまだに100Mを下回るプランを出している場合があります。

値段は安いですが、回線速度としてはかなり遅いのでオススメしません。値段もそれほど変わらないと思うので、できるだけ早いプランで契約してください。

ちなみに私の使用している回線は地元のケーブルテレビです。回線速度は300Mで契約していますが、動画やゲームも問題なくできる速度です。

 

モデム(回線終端装置)の設置場所

回線業者と契約すると、回線を家の中に引っ張ってくる工事を行います。

その時に『モデム(回線終端装置)の設置場所はどうしますか?』と聞かれるかと思います。

特に指定がなければ固定電話の近く・玄関などに設置させる事が多いかと思います。ですが、パソコンを使う場所とモデムが遠い場合、長いLANケーブルが必要になってしまいます。

この場合、無線LANを利用することで解決できますが、完全に有線で接続させようと考えている場合は注意が必要です。

できるならパソコンを使用する場所の近くに設置することをオススメします。

 

有線接続なら最初に地元のケーブルテレビを調べましょう

大手の回線業者と契約してもいいのですが、まずは地元のケーブルテレビのインターネットサービスの内容を調べましょう。

ケーブルテレビも住んでいる場所によってピンキリなのですが、最近は光回線も導入してきていますので速度的にも問題はないと思います。

何より、回線とプロバイダが一緒になっているので楽です。回線とプロバイダが別の業者だとトラブルが起きた時に結構面倒なんですよ。まぁ結構前の話なので、今は改善してるとは思いますが。

ちなみに工事費が無料じゃないケーブルテレビはオススメしません。普通の回線業者との契約をした方が安いです。

地元のケーブルテレビは工事費がかかる、光回線が来てない、サービス範囲外など、不満がある場合は普通の回線業者と契約しましょう。

関東にお住まいならNURO光がオススメ。安いし早いです。最近は2Gのプランもあるようです。

関東以外にお住まいの方、あるいはauユーザーの場合はauひかりがオススメ。使い続けると安くなるのもいいですね。

 

無線接続ならスマホのテザリング機能がオススメ

スマホをお持ちならテザリング機能を使うのが一番安く無線接続できる方法だと思います。

テザリングとは、スマートフォンをモバイルルーターとして使用できる機能です。

ただし、契約会社によってはテザリングを使う場合、月額数百円の使用料が取られる場合があります。(無料で使える会社もあります)

それと、テザリングで使ったデータ量は、スマホでの通信という事になります。スマホでよく動画などを見ている人は、テザリングで契約プランのデータ量を使い切ってしまい、通信速度が突然遅くなることがあるかもしれません。テザリングを利用する場合は容量の多いプランに変更する事をオススメします。

 

今回もパソコン初心者のための記事を書いてみましたがいかがだったでしょうか?
もうインターネット環境が揃っている人も、今のプランを見直してみるのもいいかもしれませんよ?