『神姫』を率いて世界の終焉『ラグナロク』を阻止せよ!美少女だらけのファンタジーRPG!

 

 

『神姫PROJECT(神プロ)』は、実在した英雄や神話の神・悪魔が美少女化して多数登場するRPGです。

 

 

ちなみに、もともとはPC版としてリリースされたゲームなのですが、スマホアプリ版はPC版との連携も可能で、自宅ではPC、外出先ではスマホでプレイなんていう使い分けも可能です。

 

 

 

ストーリー

世界の終末「ラグナロク」が発生し、文明が崩壊した世界の話。

 

 

主人公と幼馴染のアリサは、とある遺跡を探索中に偶然『デバイス』というオーパーツを入手します。

 

 

デバイスに導かれて英霊『ランスロット』を召喚し、再び起ころうとしているラグナロクを阻止するため、各地で『神姫』と呼ばれている仲間を集め、戦いに備える…そんな感じのストーリーとなっております。

 

 

 

 

オーソドックスなターン制バトル

神姫PROJECTのバトルは、RPGとしてはオーソドックスなターン制バトルですが、システムの細かいところで違いがあります。

 

 

味方と敵のターンは完全に分かれています。攻撃ボタンを押すと最初に味方が全員攻撃を行い、その後に敵が攻撃をしてきます。

 

 

キャラクターアイコンの横にあるゲージが貯まった状態で攻撃すると『バースト』という必殺技が使えるようになります。バーストは温存ができ、複数のキャラが同時にバーストを発動して連携する事も可能です。

 

 

 

スキルの発動や召喚攻撃にはターンを消費しません。スキルには回復やバフのほかに攻撃スキルもあるので、スキルを使って一方的にダメージを与える事もできます。

 

スキルや召喚攻撃は何度でも使えますがクールタイムがあり、再度使うには指定されたターンを経過しないと使用できません。

 

 

 

イベントやバトルはフルボイス

クエストの途中には会話形式のストーリーが組み込まれていますが、ストーリーはフルボイスで楽しむことができます。神姫ごとにストーリーが用意されているでボリュームはかなりのモノです。

 

 

 

ガチャはイベント時がオススメ

神姫PROJECTのガチャはSSRが約3%、SRが約15%とちょっと渋めに設定されているようです。しかし神姫PROJECTにはイベントで『期間限定ガチャ』を回す事ができます。

 

 

期間限定ガチャには新キャラ確率アップやSSR確定のようなガチャが存在します。課金をするのであればイベント時に一気に課金する事をオススメします。

 

 

 

バトルシーンでは2Dキャラが動くため、ゲームシステムとしてはグランブルーファンタジーによく似ていると巷では言われています。似ているだけあって普通に面白い作品です。

 

 

動作が重いと言われていますが、スマホ版では多少カクつく事はあってもそれほど重いと感じた事はありませんでした。

 

 

キャラクターはほぼ全て女性キャラなので、そこが好みの別れるところでしょうか。ロリキャラ・お姉さん・貧乳・巨乳と、ギャルゲーの王道キャラは一通りそろっています。

 

 

また、神姫PROJECTには全年齢版とR-18版があり、大人の方は神姫とムフフなイベントも楽しめてしまいます。さすがDMMです。

 

 

カワイイ女の子が多くてムフフなシーンがある…世界を救う目的を忘れてハーレム作りに専念してしまうのが神姫PROJECTの難点でしょうかね(笑)

 

 

このブログはえっちな画像禁止なんで画像は貼れません(汗)どんな感じかはリンク先に飛んで確認してくださいね。

 

神姫PROJECT

美少女 × 本格ターン制RPGバトル

開発:DMM GAMES LLC.

料金:無料(アプリ内課金あり)

 

【DMM GAMES】神姫PROJECT A

【DMM GAMES R18】神姫PROJECT R

※R-18版は18歳未満は見ちゃイヤよ?(;´Д`)