アフィリエイトに役立つ情報を仕入れるのに、『本を読め』とはどんなアフィリエイトサイトにも書いてあることです。

ですが、読書慣れしていない人にとっては結構大変な作業…本を読むだけで何時間も掛かっちゃうよー!っていう人も多いかと思います。

そのうち読書するのも嫌になっちゃったりすると、ますます本から手が遠のいてしまい、部屋の片隅に積んであるだけになっちゃったりとか。

それはもしかして、『本を読む』という行為に執着しすぎているからかもしれませんよ?

 

本に『本を読まされて』ませんか?

本というのは自由に読んでいいんです。そんな分厚い本、1から10まで読んでたら日が暮れちゃいます。

漫画なんかはササっと読めちゃいますよね?アレは『情景を映像に補完してくれている』っていう理由もあるのですが、もう一つの理由に『読むべきところが分かりやすい』というのもあるんですよ。

例えばドラゴンボール。悟空とフリーザが、今にも爆発しそうなナメック星で戦っているシーン。
他のメンバーは死んだ仲間をドラゴンボールで生き返って地球に避難しているのですが、そのシーンで名もないナメック星人の人数数えたりします?顔の特徴ひとりひとりちゃんと見ます?見ないですよね?

なぜか活字で表すと、そういうところまで読んでしまうんです。これが『本を読まされている』原因なんじゃないかなぁと私は思うわけですよ。

 

1.面白いところだけを読んでみる

漫画は面白いところだけ読みます。背景しかないコマはおそらく見ても1秒あるかないかくらいでしょう。

本もそうやって読んでいいはずです。つまらないと思った場所はガンガン飛ばしましょう。つまらないところを読まされてはいけません。つまらないところを分かろうとする必要もありません。というか、つまらないところは分かる必要はありません。

読み飛ばす事に罪悪感を感じる必要はありません。あなたは悪くありません。つまらない事を書いてある本が悪い、それくらいの気持ちで読んでみましょう。

 

2.『見出し』『もくじ』だけを読んでみる

ときには時間がなかったり、気が乗らなかったりする場合もありますよね。

そういうときは『見出し』や『もくじ』だけをササっと読んでもいいんです。それなら5分で読み終わります。

それで読みたくなかったら、その日は読まなくてもいいですし、気が乗ってきたらそのまま読めばいいんです。

また、見出しやもくじで気になるページだけを読んでもかまいません。

 

3.面白いと思ったら何回も読み返してみる

本当に好きな漫画って何度も読み返すと思いませんか?雑誌で一回読んだきりの漫画はあまり記憶に残らないですが、好きで単行本も買った漫画って何回か読み返しますよね?

本も面白いと思ったら何回も読み返して下さい。そうする事で、どんどん知識が貯まっていきますし、今までつまらないと思っていたところが面白くなったり、分からなかったところが分かるように変化していきます。

 

4.売れないくらい汚して使おう。

細菌的な意味ではないですよ?面白いと思ったり、気になった場所は遠慮せずにページの端を折ったり、マーカーで印をつけたり、付箋をべたべた貼ったりしましょう。

そうすることで、すぐに目的のページを開けるようになります。

 

5.いつでも手に取れるようにしておこう。

何度も読み返した本はあなたの財産です。多少内容を忘れても、その本を読み返せば記憶が蘇ってきます。

忘れかけている記憶を呼び出すためにも、いつでも手に取れる場所に保管しましょう。タイトルが分かるように保管しなきゃダメですよ?できれば本棚を用意しましょう。

つまらないと思った本も背表紙が見える状態で保存してみましょう。記憶の貯金ができるほどに、つまらないと思っていた本にも興味が出てくることがあります。

 

読み方を変えるだけで、今まで読めなかった本が読めるようになった気がしませんか?

今度本屋へ行ったら、『本を読んで』みてください。きっと今までより簡単に読めるようになっているはずです。(買う前に汚さないようにしましょうね)