アフィリエイト作業で絶対に必要になる作業が『キー入力』です。ですが、良い記事を思いついても思ったようにキーが打てず、イライラした事はありませんか?

それは正しいキーボードの使い方をしていなからです。正しいキーボードの使い方をすれば、すぐにというワケにはいかないですが、着実にキー入力が早くなりますよ。

 

そういえば、ひと昔前『ホワアアアアァァァ!!』って発狂しながらキーボードを叩きつける動画が流行りましたね…

 

最終目標は『ブラインドタッチ』

キーボードをいちいち見ているようでは、いつまでたってもタイピングは早くなりません。人差し指でキーをポチポチ押すのは論外です!

最初のうちは見ても仕方ないですが、最終的にはキーボードを見ないでタイピングできるようにしましょう。

キーボードを見ないでタイピングする事を『ブラインドタッチ』と言います。

 

指の待機場所は常に同じ場所へ

 

キーボードの『F』『J』には、少しだけ出っ張りがあります。この出っ張りはどのキーボードにも必ずついているものです。

この出っ張りに人差し指を置き、その横に並ぶように中指・薬指・小指を置いていきます。そうすると『ASDF』『JKL+』の上に指が置かれるはずです。

この位置が指を待機させる場所です。この位置を『ホームポジション』といいます。

まずはキーボードを見ないでホームポジションに指を置く練習をしましょう。『F』と『J』の出っ張りを頼りにすれば簡単に置けるはずです。

 

他のキーは指をずらして打ちましょう

ブラインドタッチを習得するためには各キーを決まった指で打つ必要があります。

各キーを押す指ごとに色分けしてみました。基本的には前後にずらすだけでローマ字入力は出来てしまいます。人差し指だけは可動範囲が広く、内側にもずらして入力する必要があります。

一番上段の数字はブラインドタッチするにはちょっと厳しいですかね。私もあまり使ってません。
テンキーがあればそっちを使ってしまいますし、記号はShiftキーを一緒に押さないと入力できないので、最初はあまり意識しなくてもいいでしょう。
ブラインドタッチについて調べると、指の配置を最上段は斜め上にまっすぐ伸ばしている人と、私のように扇状にしている人で分かれるようですね。正直なところどっちでもいいと思います。ほとんど記号しか使いませんからね。

まずはローマ字入力が出来るように、各指の前後に(人差し指は内側も)ずらして打つ、というのを意識してください。

最低限の記号の位置は覚えておきましょう。頻繁に使う記号は『!』『?』『。』『、』『()』『「」』あたりです。

 

まずは『あいうえお』から。

指をホームポジションに移動させます。この時、キーボードを見ないで出っ張りを頼りに指を置きましょう。

まずは母音である『あいうえお』の位置をしっかりと入力できるようにしましょう。

『あ』:←小指
『い』:→中指↑
『う』:→人差し指↑
『え』:←中指↑
『お』:→薬指↑

コレを何回も繰り返して入力しましょう。

こちらのページで簡単に入力練習ができます。
「あいうえお」タイピング

 

次は子音・濁音を練習しましょう。

母音が終わったら次は子音を練習しましょう。ローマ字を書く感じで入力します。『かきくけこ』なら『ka ki ku ke ko』と入力します。

か行:→中指
さ行:←薬指
た行:←人差し指↑→
な行:→人差し指↓←
は行:→人差し指←
ま行:→人差し指↓
や行:→人差し指↑←
ら行:←人差し指↑
わ行:←薬指↑
ん :N(→人差し指↓←)を2回

 

次は濁音を入力しましょう。『がぎぐげご』なら『ga gi gu ge go』と入力します。

が行:←人差し指→
ざ行:←小指↓
だ行:←中指
ば行:←人差し指↓→
ぱ行:→小指↑

こちらの入力も簡単に練習できるページがあります。
五十音タイピング

 

小文字の入力

小文字の入力法はいくつかあります。

1つ目は子音を2つ入力してから母音を入力する方法です。
例えば『はっぱ』と書きたい場合は『happa』と入力します。
これは『っ』限定の使い方です。

2つ目は頭に『x』か『l』を入力する方法です。
例えば『やぁ』と書きたい場合は『yaxa』もしくは『yala』と入力します。

3つ目は『濁音』と『や行』の複合入力です。
例えば『びゃびゅびょ』と入力したい場合は『bya byu byo』と入力します。
例外として『じゃ行』があります。『ja ji ju je jo』と入力すると『じゃじじゅじぇじょ』となります。『ji』『じ』となるため、私は『zi』の代わりに『ji』をよく使います。
さらに『じぃ』と入力したい場合は『jyi』『zyi』『zili』『jili』『zixi』『jixi』と色々な入力方法があるので、好きな入力法を選んでください。うーん、複雑。ちなみに私は『jili』が一番入力しやすいです。

 

私のキー入力の訓練法はネットゲーでした

私は元々プログラマーの道を通った人間なので、今ではタイピング速度は普通の人の何倍も速いと自負しております。まぁ、ホントに早い人は私よりも何倍も速いでしょうが。

ですが、元からそんなに早かったわけではありません。私のタイピングが普通の人より早い理由は簡単で、『普通の人よりパソコンに触る機会が多かった』、たったそれだけです。

私がタイピング技術を鍛えたところはプログラマーの学校ではなく、ネットゲームでした。
今でこそボイスチャットが一般的になっていますが、数年前は文章で意思疎通をしなければなりませんでした。
特にネットゲームではリアルタイムでゲームが進んでしまうため、スムーズに仲間と意思疎通をする必要がありまして、タイピング技術は必要不可欠だったのです。

今のネットゲームの意思疎通法はボイスチャットが一般的でしょうから、タイピング練習の機会は減ってしまったでしょうね。さらに最近はスマホ・タブレットの時代…キーボードに触る機会というのはますます減る一方です。

そう考えると、ネットゲームをやっていたのも無駄ではなかったなぁと。まぁ人生に置いて無駄な事なんてないんでしょうけど。

 

遊びながらタイピング練習をしよう

一番の練習法は記事を書くことでしょうが、タイピングゲームで遊びながら練習するのもオススメです。ですが遊び過ぎてアフィリエイト作業を削りすぎないようにね。

まぁ遊び過ぎてもタイピングが速くなるので全く無駄になるわけではありませんけどね。

オススメの無料タイピングゲーム
寿司打【Flash Typing Sushi-DA】
皿打【Sara-Da】