メールアドレスの準備ができましたら、次はアフィリエイト用の口座を作りましょう。アフィリエイト報酬が発生しても、口座がなければ報酬を受け取る事ができません。

報酬を受け取るだけなら適当な銀行口座でも使えますが、普段使っている銀行口座を使ってしまうとプライベートな収支とアフィリエイト収支がゴチャゴチャになり、使い勝手が悪くなってしまいます。アフィリエイトを始めるのであれば、口座は必須のツールです。

 

 

ネット銀行の口座が便利

アフィリエイト報酬は、地方銀行やゆうちょ銀行でも受け取る事ができます。普段ぜんぜん使っていない口座があれば、それを使うことも可能です。

ですが、せっかくアフィリエイト専用の口座を作るのであればネット銀行の口座を作りましょう。

 

売上管理が楽になる

普段使用している口座に報酬を突っ込んでしまうと、給料や各種引き落としなどと一緒になってしまってワケが分からなくなってしまいます。

アフィリエイト専用とする事でどれだけ報酬が発生したかすぐに分かるようになります。

 

収支管理が楽になる

アフィリエイトは元手のかからないビジネスではありますが、全くかからないかというと、そうでもありません。支出もアフィリエイト専用口座を使えば最終的にどれだけ儲けたのか分かりやすくなります。また、次の投資にいくら使えるかも分かりやすくなります。

報酬が安定して入ってくるようになったら、書籍・商材・サーバー代などもアフィリエイト専用口座から支払う事になると思います。

 

確定申告が楽になる

年20万円以内のアフィリエイト収入なら確定申告も必要ないのですが、規模が大きくなってきたら確定申告もしないといけません。

※年20万円以内の収入でも『住民税』を支払う必要はあります。詳しくはこちらをご覧ください。

そもそも『確定申告』って何ぞ?という話ですが…

『確定申告』とは、収支などから『所得』を計算し、納める所得税の金額を『確定』するための『申告』書を税務署に提出する事です。

会社員であれば『年末調整』で会社側でやってくれる事を、個人でやらなければならないワケです。
年末調整なら給料から天引きなのでラクですが、確定申告の場合は所得が確定してからの納税になりますので、納めるべき税金も一度自分の懐に収まることになります。

そのための書類作りをするのも、アフィリエイトの収支オンリーの口座があればラクですよね。

 

『所得』というのは、アフィリエイトの場合なら、アフィリエイト報酬から経費(パソコン代・ネット回線代・電気代・教材費など)を引いたものが所得です。

アフィリエイト報酬 - 経費 = アフィリエイト所得

会社員の場合、年間のアフィリエイト所得が20万円以上となる場合は確定申告が必要です。(専業の場合は38万円以上)

 

口座がないと登録できないASPがある

私の場合、趣味ブログにGoogleAdSenseを貼る程度の事から始めたので、口座情報はしっかり稼げるようになるまでプールしておけばいいやと考えていました。しかしそれが間違い。振込先の銀行口座情報を入力しないとアフィリエイター登録ができないASPがあります

まぁ、適当な銀行口座を登録しておけばとりあえず登録はできるんですが…報酬が一括管理できないというのはちょっと面倒です。あとで登録しなおさなければならない事もありますし、こんな事に時間を取られるくらいならアフィリエイトそのものに時間をかけたいところです。

 

全てのASPがネット銀行に対応している

始めの方で、アフィリエイト報酬は地方銀行やゆうちょ銀行でも受け取れると言いました。ですが、これは半分間違いでして、『楽天アフィリエイト』など、ネット銀行にしか対応していないASPがあります。

そういったASPを使わないという手もありますが、できるだけ稼げるチャンスというのは広げておいた方が間違いありません。

 

 

振込手数料が安くなる

ASPから報酬をいただく際、振込手数料が差し引かれます。この振込手数料、普通の銀行とネット銀行では大きな差があります。

普通の銀行口座では、高いところだと最大756円もかかる場合がありますが、ネット銀行では0円~105円ですんでしまいます。

アフィリエイト初心者にとって、この振込手数料というのは大きな痛手です。とはいえ、最近のASPは振込手数料を支払ってくれるところも多いようです。それだけ多くの人にアフィリエイターになってもらいたいという現れかもしれませんね。

 

結局どこのネット口座がいいの?

どの銀行口座がいいのかと色々調べましたが、最終的に楽天銀行に落ち着きました。

調べると色々とメリットがあるようですが、決め手はASPからの入金でも楽天ポイントが貯まるという点ですね。

これだけでも楽天銀行にするメリットがあるというものです。

さらに楽天銀行の口座開設は『自己アフィリエイト』が可能です。
『自己アフィリエイト』とは簡単に言うと、自分が広告と同じサービスを受けると一度だけ報酬が貰えるシステムです。

これを利用するとちょっとした資金調達ができます。詳しくは『自己アフィリエイトで資金調達』の記事をご覧ください。

 

ですが、実際に作ってみて感じたデメリットもありました。これはネット銀行共通なのかもしれませんが、口座開設に時間がかかるという点です。

普通の銀行なら窓口に行けばそれほど期間はかからないかと思いますが、楽天銀行の口座を作ったときは結構な期間が必要でした。

月初めにネットで口座開設の申し込みをし、そこから1週間で本人確認用の書類を入れる封筒が届き、それを送って1週間程度してようやくカードが届きます。

ですので、『アフィリエイト始めよう』と思ったら、出来るだけ早く口座開設の手続きを行うことをオススメします。

楽天銀行アプリを使えば本人確認をアプリ内ですぐに行えるため、こだわりがなければ楽天銀行アプリ経由での口座開設をオススメします。

 

 

※過去にイーバンク銀行口座を作った事がある方へ
イーバンク銀行は2010年に楽天銀行に商号を変更しています。そのため、イーバンク銀行の口座を持っている場合は、すでに楽天銀行の口座を持っている状態と同じですので、新しく口座を開設する事はできません。

長いあいだ使用しておらず、口座が凍結されている場合は楽天銀行のお問い合わせから本人確認用の書類を送ってもらい、口座の凍結を解除してもらいましょう。連絡はチャットサポートがオススメです。

 

 

面倒ならゆうちょ銀行という手も

ネット口座が面倒、という方には『ゆうちょ銀行』という手があります。というか、楽天銀行の口座を持っていても用意しておいた方がいいです。

ASPで有名なところに『A8.netという会社があります。おそらく全てのアフィリエイターがお世話になる会社です。

A8.netの報酬は振込手数料が引かれるのですが、上記の楽天銀行を振込先にすると、振込手数料が756円かかってしまいます。(三井住友銀行の口座ならもう少し安くなります。渋谷駅前支店の口座ならさらに安くなります。)

ですが、ゆうちょ銀行の郵便貯金口座なら30円しかかかりません。A8.netに登録するなら、結局ゆうちょ銀行の口座が必要なのです。

楽天銀行のようにポイントは付きませんが、とりあえず振込先を確保したい、というのであれば『ゆうちょ銀行』で済ませてしまうのも手だと思います。

ただし、普段使っていない口座を使って下さい。使っていない口座がないのであれば、やはり新しい口座を作るべきです。