アフィリエイトには『自己アフィリエイト』というものがあります。A8.netなどでは『セルフバック』などと呼ばれていますね。

アフィリエイトでは自分のブログに広告を貼り、その広告を見た人がそこから商品を買ったり会員になったりすると報酬が貰える、というビジネスであることはご存じかと思います。それを自分で買ったり登録したりして報酬を貰おう!というのが『自己アフィリエイト』です。

 

自己アフィリエイトのメリット

自己アフィリエイトのメリットは無料で行え、すぐに報酬を発生させられることです。

通常のアフィリエイトでは最低でもサーバー代ドメイン代がかかりますが、自己アフィリエイトではそれが必要ありません。

また、通常のアフィリエイトでは記事を書くという作業が必須ですが、自己アフィリエイトではそれも必要ありません。

 

自己アフィリエイトのデメリット

自己アフィリエイトは1案件につき1回しか出来ません。ですので継続した収入にはなりません。

おそらく複数アカウントを取得すれば出来なくはないかもしれません。ですがバレたら提携解除されてしまうのがオチです。最悪の場合、他のASPとも提携できなくなってしまうかもしれません。

小銭ほしさに稼ぐ土台を潰しては意味がありませんからね。

 

また『そのジャンルに興味がある』『そのジャンルに参戦する』などの理由がない場合は自己アフィリエイトしてはいけません。『しない方がいい』ではなく『してはいけません』です。

申し込み系の自己アフィリエイトは『興味を持ってくれてありがとう代』です。その商品に興味があるワケでもないのに報酬目当てで寄ってこられても企業側はたまったものじゃないですよね。

使う気のないクレジットカードを量産するなんて行為をし続けたら当然ブラックリスト入り。提携してくれる企業もなくなっていくでしょう。これも小銭ほしさに稼ぐ土台を潰す行為です。

 

 

自己アフィリエイトに必要なもの

これは当たり前の話ですが、自己アフィリエイトをするにはASPやポイントサイトに登録してある事が必須です。

このページを見ている方は既にいくつかのASPに登録はされているとは思いますが、まだ済んでいない方、もしくは1つしか登録していない場合は過去の記事にオススメASPが載っていますので登録を済ませて下さい。

 

あとは報酬を振り込んでもらう口座が必要です。ポイントサイトなどでは現金以外にギフト券などにも交換できますが、現金で貰うのが一番使い勝手がいいでしょう。

 

申し込み系を狙いましょう

自己アフィリエイトには『購入系』『申し込み系』があります。購入系では商品を購入すると何%かが返ってきますが、これではマイナスになってしまいます。今回の目的は『資金調達』なので、購入系は除外しましょう。

例として『もしもアフィリエイト』を使って楽天銀行カードを自己アフィリエイトしてみましょう。

 

まずはもしもアフィリエイトのホーム画面で『楽天カード』で検索してください。

 


『楽天カード会員登録』のプロモーションの右枠にある『自分で申し込む』ボタンを押します。
ちなみに『本人OK』のマークがついているプロモーションは提携しなくても申し込めます。

 


ガイダンスに従って楽天銀行カードに申し込みます。申し込みが完了すれば1500円の報酬が発生するはずです。

 

私が調べたところ、A8.netでは953円、アフィリエイトBでは791円の報酬でした。他のASPでもっと高い報酬が貰えるのであればそっちを使いましょう。

私が楽天カードを作った時には自己アフィリエイトなんてものは知らなかったので普通に作ってしまいました。きっと誰かのアフィリエイト報酬になっていることでしょう…トホホ。

 


ちなみにポイントサイト『げん玉』 で楽天カード作成で貰えるポイントは期間限定・MasterCard限定で7100円分のポイントが貰える…のですが、あくまで『楽天カード』作成であって『楽天銀行カード』じゃないんですよね。

 

楽天銀行の口座開設は660円分のポイントが発生するようですが…これ2つとも自己アフィリエイトできるんですかね?できたとしたら楽天カードと楽天銀行のキャッシュカード2枚持ちになるんですよね?

2つとも一緒に自己アフィリエイトができて、カード2枚持ちに抵抗がなければポイントサイトからの自己アフィリエイトが一番得しそうです。誰か試してwww

 

今回はアフィリエイト用の口座作成と並行してできる資金調達法を紹介してみましたが、他にも興味があったり、貼ってみたい広告があれば資金調達をしながらアフィリエイトができます。