『ダメだー。記事が書けない。何書いたらいいか分からない。』

 

アフィリエイトを始めると必ず当たる壁『記事が書けない』。記事を書こうと色々と悩んでいるうちに手が止まり、一日が終わってしまう…

それは私の事ですwww

実際にこの記事を書いている今も何を書いたらいいか分からずにいる状態。しょうがないのでその事を書いているという…

このままではイカン!という事で、今回は記事が書けない時の対処法をいくつかのシチュエーションごとにまとめてみました。

 

 

なんかよくわかんないけど記事が書けない

突然ですが、私は日本人です。

( ^ω^)…

んな事は分かるわ!とツッコミたくなるとは思うのですが、この記事は日本語で書かれていますし、この記事を見ている方もほぼ日本人で間違いないでしょう。

日本語で話すのはペラペラ喋れるのに、日本語で記事を書くとなるとサッパリ書けなくなってしまうのは何ででしょうか。

 

それは文章を書いていないからです。
書かないから書けない…書けないから書かない…という『負のスパイラル』におちいっているのです。

 

アフィリエイトっていう仕事は『記事を書く』という行為から決して逃れられないのです。ですから『記事を書く』練習をしなきゃならないんですよ。

とにかく何でもいいから記事をたくさん書きまくれ!数をこなして慣れるしかない!

バットやグローブを使ったことない人間が野球選手になれますか?包丁やフライパンを握ったことない人間が料理人になれますか?
なれるワケないだろ!いい加減にしろ!

これと同じように、記事を書いたことない人間がアフィリエイターになれるワケがないのです。

 

ちなみに記事のネタ探しでいろんなページを見ていたらこんな記事を見つけました。ゴミ記事ばっかり書いているとランク下げるよ、という事ですね。

なお、低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

引用: Googleのウェブマスター向け公式ブログの『良質なサイトを作るためのアドバイス

他にも『大して稼いでいないアフィリエイターが量産しているゴミ記事がムカつく』だとか『ゴミ記事作るくらいなら書かない方がマシ』なんていう記事もありました。
んなこたぁ知らねぇよ!

 

こっちは必死で記事書く練習してんだよ。うまい記事書くためには書き続けるしかないんだよ。だいたいお前だって最初から書けたのかよ。

…完全に開き直りですね。ですが、書かないくらいなら書いたほうがよっぽどマシです。だってその記事がゴミ記事だって気付けるようになったら消すなりリライトするなりすればいいんですから。

そもそも初心者の記事が上位ランクに表示されるなんてありえないんです。SEOだとかページランクだとかゴミ記事のリライトだとかっていうのは必要になってからすればいいんじゃないですかね。
ちなみに『負のスパイラル』という言葉、職場でもよく使います。お気に入りの言葉の一つです。
…どんだけ私の職場は『負のスパイラル』におちいっているんだ。

 

何について書けばいいかわからない

たぶん、このページを見ている方というのは『かけだしアフィリエイター』であり、『アフィリエイトのための記事を書こうとしている』が、『何について書いたらいいかわからない』状態でしょう。

この状態は完全に『ネタ不足』です。インプットが足りていません。

文章の良し悪しはともかくとして、とりあえず記事が書ける人というのは何かしらの『ネタ』を持っているから書けるのです。『ネタ』を仕入れましょう。

…どういうネタを探したらいいかもよくわからない、という人も中にはいるでしょうね。それは私の事です。

この『私が困っている事』というのがそのまま答えになっています。『私が困った事』というのは『他の人も困っている事』という事なんです。つまり『自分が困った事を調べて、その事を記事にする』という事をしましょう。

この困った事は解決するまで付箋などにメモして目につくところに貼り付けておきましょう。そのとき困ったとしても、時がたつと忘れてしまうという事はよくあることです。

 

困った事を調べる方法としては色々あります。ありすぎて困るくらいですね。

1つは『ネットで検索』する事です。まぁ意識しなくてもやっている事だとは思いますが。

このページを見ている『かけだしアフィリエイター』さんは、さんざん検索しているかとは思いますが、アフィリエイトに関する記事ばかりに固執してはいけませんよ?

文章でメシ食ってる人というは、『アフィリエイター』だけではないですからね?なんでもかんでも『アフィリエイト』で検索してはいけませんよ?そうするとアフィリエイトの記事ばかり読むことになり『オススメの商品はコレ!』ということになります。まぁ、その商品が役に立つものなら買ってもいいですけどね。

 

もう1つは『本を読む』ことです。昔は本といえば漫画ばかり読んでいましたが…必要になってくると変わるものですね。今では一般書籍も普通に読むようになりました。(漫画も読んでますけどね)

以前の記事でも書きましたが、この本を読むというのは『読んだ本が手元にある状態』までの事をいいます。図書館の本だと返さなければならないので、本の良いところを十分に生かしきれません。

本を買う場所は地元の本屋さん…と思いきや、私が買った本は『amazon』『楽天』で買った方が圧倒的に多いです。本屋さん行くのダルいんですよね。田舎暮らしなもんで。

読んでみたいけど良い本かどうかわからないし、ちょっと安く読みたいなぁって時は『駿河屋』を利用しています。ただしamazonや楽天に比べると注文してから届くまでの時間が長いので、すぐに読みたいという場合は本屋さんに行くのが一番でしょうね。

 

何が言いたいのかまとまらない

私が一番困ってしまったのはこの部分。
知識はネットや本でいろいろ手に入れました。あとはそのネタをまとめて書くだけなのですが…なぜか書けない。

知識はどんどん貯まるが、その知識を吐き出すことができないので頭の中でぐるぐると回っている状態。これがかなり辛かったです。この状態が長く続き、頭がおかしくなりそうな時期もありました。

この時期は『ゴミ記事量産するアフィリエイターがムカつく』という記事を読んだあたりだったので、ますます記事が書けない状態になってしまいました。

これの対処法は『さっさと記事にする』…これに尽きます。きっとこの時期の記事はまとまりがなく、読みにくいものになっているかと思います。ですがそんな事は気にする必要はありません。

かけだし状態での記事は『うまい記事を書こう』だとか『ゴミ記事にならないようにしよう』だとか考えず、『アウトプットという行為に慣れる』事に重点を置いて書くべきです。でないと良記事を書けるようになる前にパンクします。

私たちが書いている記事は『本』ではなく『ブログ』です。いつでも添削できるのですから、もっと気楽に記事を書いて、定期的にアウトプットをしてください。その方がブログの規模が大きくなる事の楽しさを覚えられますし、モチベーションの維持もしやすいと思います。

それでも書けなかったら…

もうその情報はひとまず忘れましょう。情報元がネットならそのページをブックマークし、本なら目につくところにしまいましょう。そして別の記事を書くなりして何日か間をあけます。

頭がごちゃごちゃした状態が収まったら改めて調べ直します。予習済みですから、以前調べた時よりスムーズに、より整頓された状態で頭に入ってくるはずです。

この時のために、勉強になると思ったページはブックマークするクセを付けておきましょう。