パソコンを買うとき、だいたいの人はwindowsのパソコンを買うと思います。

買う時に『windows10 32bit版』『windows10 64bit版』とか見たことありませんか?そして、どっちを買うべきなのでしょうか?

 

64bit版を買いましょう

結論から先に言ってしまいますが、これからパソコンを買うなら64bit版を買いましょう。理由は一つ『機能的に長持ちするから』

一言でいうと、64bitの方が高性能なのです。

 

32bitと64bitの具体的な違いは?

私たちが覚えている数字は10進数(10になるとケタが1つ上がる)ですが、コンピューターは2進数(2になるとケタが1つ上がる)で記憶しています。

たとえば数字の10なら1010、15なら1111、といった具合。その2進数の数字が何ケタもあつまってデータは扱われています。

32bitと64bitの違いは、一度に何ケタの情報を処理できるか?という事です。そしてそのケタ数こそ、32bitと64bitの正体です。

 

32bit=2の32乗=4294967295
64bit=2の64乗=18446744073709551615

 

うーん、圧倒的差ですね。まぁ、さすがに64bitの情報を一度に扱えるようなパソコンは家庭用にないので、ここまでの性能差は出ませんけど。

 

これだけでも何となく性能差を感じられるかと思いますが、具体的に64bit版の有利な点は何なのでしょう?

1.メモリをたくさん積める

メモリとは、簡単に言うと作業台の大きさです。作業台が大きいほど、パソコンはたくさんのデータを置くことができ、作業を早く行う事ができます。

このメモリが足りなくなると、パソコンは収納スペース(ハードディスク)まで作業台として使いだすため、とんでもなく遅くなります。

windows10の64bit版は一番安いやつでも128GBまでメモリを積めますが、32bit版は4GBまでしかメモリを積めません。

しかも積んだメモリは全てOSが使えるわけではありません。OSそのものもメモリを1GBほど使うので、32bit版はほとんどメモリに余裕がありません。

 

2.セキュリティ機能が充実している

詳しい説明は省きますが、32bit版には入れられない機能が64bit版には入っています。

ちなみにwindows7では64bit版では未対応な機能もありますので、できることならwindows10を使った方がいいかと思います。

 

 

ちなみに64bit版のデメリットはほぼありません。あえて言うなら、古いソフトウェアや古いデバイスが動かない可能性がありますが、よっぽど古くない限り動きますし、そもそもそんな古いものを使い続けるメリットがありません。

まぁ企業で古いソフトやデバイスを使っていて、それに替えられるモノがない…とかいう特殊ケースでもない限り困る事はないでしょう。

 

ちなみに私のパソコンはwindows vista時代からOS無料アップデートとメモリ増設で今でも何とか現役で頑張ってくれている旧型パソコンです。

メモリはマザーボードが24GBまでしか扱えないので、これ以上のパワーアップはできません。性能が追い付かなくなったら流石に買い替えですが、デスクトップ型なら初期投資7万円ほどのパソコンでもここまで頑張ってくれます。